包茎手術のススメ:男の悩みは専門のクリニックで解決

男性治療NAVI

包茎の種類

手術服

仮性と真性

「今度、包茎手術を受けに行くんだ」とか、「こないだ包茎手術したんだけどさあ」とか、気軽に口にだすことが出来る男性は、なかなかいないのではないでしょうか。
何しろ、包茎に関する話というのは、男性にまつわる話の中でもきわめてデリケートなもの。恥ずかしくて人に言えない、という人は多いでしょう。
ただ、包茎の種類によっては、実はそれほど恥ずかしがることはない……というか、珍しいことではない、ということも言えます。
包茎には「仮性包茎」と「真性包茎」とがあって、そのうち、仮性包茎に関しては、何と日本人の約7割がこの状態であるというデータまであるのです。

「仮性」という文字が頭に付いているのは、仮性包茎の場合には、ペニスを包んでいる包皮が、普段はかぶさっているけれども、その皮は自分でむくことが出来、例えばペニスが勃起した際には抵抗なく皮がめくれるというものだからです。
それに対して、むしろ深刻なのは真性包茎なのです。

手術が必要

「包茎」の中でも、特に包茎手術が必要であるとされるのは、「真性包茎」と「カントン包茎」と呼ばれている2つのパターン。
これらは、仮性包茎のように、いざとなったら皮が向けて亀頭が露出し、役目を果たせる状態に変身する、といったものではないのです。「真性」という言葉には、「それがスタンダードな状態になっている」という意味が込められています。
ペニスが普通の状態でも、勃起の状態でも、皮がむけないという状態です。

これに似ているのがカントン包茎で、特にこの場合には、皮がピッタリと亀頭まで覆っている状態のこと。無理やりむこうとすると痛みすら覚え、血行も悪くなるので健康的にも良くないもの。
この状態である場合には、迷わず包茎手術を受けましょう。包茎手術を受けることで、スッキリしたペニスを手に入れることができます。

↑ PAGE TOP